スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行甲板と恋心

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/02(土) 20:26:42.42 ID:uqkeIGKJo
気付けば視線の先に、彼がいる
その事にボクが気付いたのは、つい最近の事
いや、本当はずっと前からそうだったのだ
気付かないフリをするのが、自分の中で限界になってきたのだろう
浴場の天井を見つめながら、ボクは小さく息を吐いた
入渠の時間はまだまだあるし、今日はほぼ貸切状態
ゆっくり気持ちを整理してから、執務室へ向かう事にしよう


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/02(土) 20:30:15.21 ID:uqkeIGKJo
「ただいま戻りました、っと」

「まだお仕事?ボクにお手伝い出来る事はないかな」

「そっか、残念」

「へ?部屋に戻らないのかって……」

「その、なんだか眠たくなくって」

「うぅん、不眠症とかそんなんじゃないんだ。うん、そんなんじゃなくて……」

『……いや、そんなんなの、かな?』

「だ、大丈夫だって!提督はお仕事続けて」

「……じー」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/02(土) 20:46:37.33 ID:uqkeIGKJo
初めて会った時は、少し怖い人だと思った
帽子の端から見える切れ長の目が、なんだか常に睨んでるように見えたからだ
後にその事を本人も気にしていている事や、実は見た目の割に結構繊細な人だったりする事とか、色々知ることになってわけだが
そんな風に知っていくうちに、こんな感情が芽生えてしまったのだろう
提督と秘書艦、近すぎて逆に遠い距離感がボクに色々邪推をさせる
気持ちを素直に聞ければ、きっとそれが一番近道なのだろうけれど
そんなこと、ボクにはとてもできない

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/02(土) 20:56:03.39 ID:uqkeIGKJo
「それじゃ……おやすみなさい、提督」

「……ふぅ」

(明らかに変だよね……仕事もないのに執務室で提督を眺めてるだけ、なんて)

(提督はどう思ってるんだろう?)

(何か思って貰えてると思うのは、希望的観測なのかな?)

(んー、むむむ……)

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/02(土) 21:11:10.89 ID:uqkeIGKJo
翌日の演習は散々で、何度も小さな衝突を繰り返しては皆に迷惑をかけてしまった
それだけならいいのだが、「提督にこき使われて疲れているのではないかしら?」なんて風評まで出回ってしまいかけたのはいただけないので、演習後の浴場で皆と話して誤解は解いておいた
本当は皆を誰よりも心配しているのは提督なのだが、立場や強面の外見からイマイチそれが伝わっていないのだ
提督のあんな面やそんな面を知っているのはボクだけなのだから、ボクがもっと気を付けなければ
風呂上りのコーヒー牛乳をごくりと飲み干して、ボクは顔をぱんぱんと叩いた

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/03(日) 15:36:53.69 ID:Opfj5KnQo
「おはよう、提督」

「……あれ、提督?」

(もう、ちゃんと布団で寝た方がいいっていつも言ってるのに)

(髪がボサボサ……お風呂、入らずに寝ちゃったのかな)

「……」

「てーとく……」

「あいてっ!?」

「いちち……お、おはよう提督」

「起こそうとしたら突然起き上がってくるんだもん、衝突注意だよ」

(まだ、ドキドキしてる……見られてなかったかな、さっきの顔)

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/03(日) 16:04:50.78 ID:Opfj5KnQo
今日が休日で助かった
もし演習にこんな状態で行ったら、また余計な心配をかけてしまう事になる
鏡を見なくても分かるほどに真っ赤な顔の火照りを鎮めるため、ボクは洗面所へ向かった
休暇はそれなりに自由行動が認められているので、鎮守府に残っている艦娘は多くない
とはいえ、緊急出撃等に備えるためもぬけの殻にもなっていないので、人の気配に注意しながら歩を進める
顔が赤い理由を根掘り葉掘り聞かれてしまうのは困るし、恥ずかしい
そんなボクの心配もどうやら杞憂だったようで、誰ともすれ違わないまま洗面所へと辿り着いた

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/03(日) 16:47:36.32 ID:Opfj5KnQo
(提督の一挙一動でこんな事になってちゃ、ダメだなぁ)

(ほんと、初めて会った時はこんな事になるなんて思ってなかったや)

(でも今さら、忘れるなんて出来ないよなぁ……)

「?」

「て、提督も顔を洗いに来たんですか」

(平常心、平常心……)

「それじゃ、ボクはもう行くね」

「……ふぇ?」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/03(日) 17:23:21.53 ID:Opfj5KnQo

部屋へ戻ろうと思ってたボクは、提督に呼び止められて執務室へと戻ってきた
少し時間あるか?なんて真面目な顔で聞かれたら、断れるわけなんてない
執務室で二人きりなんて、いつもの事なはずなのに
昨日の今日で色々な事があったせいか、提督の事を真っ直ぐ見る事が出来ない
元々提督はおしゃべりな方ではなく、ボクが今はこの調子なので、会話が全くないまま時間だけがゆっくり過ぎていく
鎮守府全体が静かなせいで、まるで世界がボクら二人だけのものになってしまったような錯覚すら覚えるほどだ
ドキドキという心臓の音すら相手に聞こえてしまいそうな沈黙の中、提督は未だに口を開いてくれない
何か言いたくない事なのだろうか、それってもしかして、あれやこれや……?
ボクの中で邪推だけがどんどん膨らんで、不安が声になって漏れだそうとした寸前
提督がゆっくりと立ち上がり、ボクの方へ歩み寄った

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/03(日) 22:23:07.04 ID:Opfj5KnQo
「今日が何の日か覚えてるかって?」

「んー……?」

(ただの日曜日だったような気がするんだけど、何かあったかなぁ)

「……お手上げ。答えを教えて欲しいな」

「それは……指輪?」

(そういえば、前にピアスを貰ったことあったっけ。ハート型の……あれはいつ頃の話だったかな?)

(今回のはどういう趣向あってのものなんだろうか)

「え、ちょっと……ていと……っ」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/03(日) 22:45:32.79 ID:Opfj5KnQo
指輪に気を取られていたボクは、気付いていなかった
提督の顔が、自分の眼前まで迫っていることに
その事に気付いたボクが声を上げる間もなく、提督の唇がボクの唇に重なった

あまりにも突然の事に頭の処理が追いついてないボクは、提督にされるがままに身を任せる
絡み合う舌にも、ほとんど不快感を感じない
むしろこうなる事を望んでいたのだから、当然と言えば当然なわけだけれど

繋がり合った口元から、全身へ熱が広がっていった
どのぐらいそうしていたのか、数秒、はたまた数時間か
ゆっくりと離れた提督の口元から、細い線がボクへと伸びる

提督が離れた後も、余韻に呆けたままのボクの手がそっと握られたかと思うと、指に冷たい感触
その感触でボクの意識が、一気に天上から現実へと引き戻された

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/03(日) 22:52:59.99 ID:Opfj5KnQo
「あ、えと……その」

(い、言いたいことは色々あるはずなのに、声が……)

「あぅ……と」

「秘書艦にしたときからずっとこうしたかったって……」

「……」

「……ぼ、ボクも……同じ気持ち、だよ」

「両想い、だったんだね。あは、は」

「……あれ、なんでだろ。……涙が……?」

「おっかしぃなぁ……っ」

「……提督の胸、あったかい」

「……ぎゅぅ」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/03(日) 23:04:23.34 ID:Opfj5KnQo
お互いの気持ちを確認し合ったことで、大きく進展したかのように思えたボクらの関係だったが、相変わらず皆の前では少し怖い提督と秘書艦の体を装ったままだったりする
皆の混乱を防ぐため、なんてもっともらしいことを言っていたが、こんなに分かりやすくピアスと指輪なんてしてるせいでバレバレだったりするのだが、本人が隠してるつもりの間は黙っておく事にした
やきもきする提督とボクの様を楽しむために、きっと皆から言ってくることも無いだろう

変わった事と言えば、執務室が逢瀬の場になったこととか
実は結構、提督は寂しがり屋で触れ合いを求めるタイプだったこととか
色々あったりしたわけだけど、変わらない事は一つ

ボクが提督を、大好きだって事

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/03(日) 23:05:45.05 ID:Opfj5KnQo
「……んっ、ダメだって提督……」

「もう夕飯が近いんだから……誰か来たら……」

「……もう。あんまりしつこいと、ボクちょっと怒っちゃうぞ」

「……」

「……むむむ」

「ちょ、ちょっとだけだよ?」


「ちょっとだけだってばぁっ」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/03(日) 23:06:55.32 ID:Opfj5KnQo
終わり

地の文読み辛くてすいません
改善してみましたがどうでしょうか、読みやすくなってたら嬉しいです
では
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:花見月
主に2ch系掲示板で自分が書いたSSを纏めてます
思い出したものからかたっぱしに記事にするので順不同で

twitterでも更新報告したりしてます
@hanami2ki

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
スポンサーズリンク
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。