スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼馴染「ボクがキミの事を好きだと言ったら」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/11(土) 00:41:07.15 ID:3L/hvZCPo

幼馴染「キミはなんて答える?」

男「……は?」

幼馴染「聞こえなかった?もう一度言おうか」

男「いや、大丈夫だ」

幼馴染「そう?」

男「……」

幼馴染「……じー」

男「例え話、だよな」

幼馴染「そう言ってるじゃないか」





3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/11(土) 00:51:11.73 ID:3L/hvZCPo

男「……んー」

幼馴染「……んー?」

男「……少し考えさせてくれ」

幼馴染「えー」

男「えーってなんだ、えーって」

幼馴染「例え話なのに?」

男「例え話でもだ」

幼馴染「……そっかそっか」

男「何なんだ、急に」

幼馴染「いつもの気まぐれ。って言ったら、怒る?」

男「……怒りはせんが」

幼馴染「では、ご検討よろしく」

男「……」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/11(土) 01:27:43.37 ID:3L/hvZCPo

男「……はぁ」

男(いつもの調子で考えるなら、ただからかっているだけなんだろうが)

男(今までのからかい方とは少し趣が違う気がしてならない)

男(俺の思い過ごしか……?)

男(……あいつが俺を、好き)

男(俺は、あいつを……?)

「……おい」

男「……?」

「授業中によそ見とは、いい度胸だな」

男「あ……」

「今日の課題、楽しみにしておけ」

男「たはは……」

幼馴染「……」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/11(土) 01:35:00.45 ID:3L/hvZCPo

男(なんだ、このプリントの枚数は……)

男「ほんとに容赦ないな、全く……」

幼馴染「ご愁傷様」

男「……こりゃどうも」

男(ったく、誰のせいだと……)

幼馴染「ったく、誰のせいだと……」

男「……!?」

幼馴染「とか、思ってる?」

男「……いや、んなこたない」

幼馴染「……ふふ」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/11(土) 01:43:51.72 ID:3L/hvZCPo

幼馴染「ウ、ソ、つ、き」

男「……失礼な」

幼馴染「僭越ながら言わせていただくと」

男「?」

幼馴染「キミはウソを付いてるとき、丸わかりなんだ。知らなかった?」

男「なんだと?」

幼馴染「クスクス……」

男「おい、待て。どうやって丸わかりなんだ?教えろ」

幼馴染「教えたら直しちゃうだろ?」

男「……むむ」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/11(土) 01:45:19.89 ID:3L/hvZCPo

幼馴染「課題、ボクも手伝ってあげるから」

男「本当か?」

幼馴染「あくまでも手伝いだからね?」

男「分かってる分かってる」

幼馴染「ほんとかなぁ……」

男(そもそも、元はと言えば……)

幼馴染「キミはボクがいないとダメだなぁ」

男(……なんて言ったら、どうせまたからかわれるだけか)

幼馴染「ん?」

男「いや、なんでもない」

幼馴染「なんだよ、気になるなー」



16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/12(日) 19:21:26.62 ID:jRE5FsaWo

男(どうせまたからかわれただけだろうしな……)

幼馴染「こら、無視するなー」


男「……ここ、分かるか?」

幼馴染「んと……そこはこの公式を使うんだよ」

男「ん、さんきゅ」

幼馴染「どういたしまして」

男「ちなみにこっちは……あてっ」

幼馴染「こーら。これじゃボクが全部やってるのと変わらんじゃないか」

男「分からん物は仕方あるまい」

幼馴染「授業をちゃんと聞いていれば、そう難しい内容でもないと思うけどね」

男「少なくとも今日はちゃんと聞けてなかったしな」

幼馴染「……全くもう」



17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/12(日) 19:27:59.33 ID:jRE5FsaWo

男「……ふぅ」

幼馴染「とりあえず、一段落かな?」

男「あー、疲れた」

幼馴染「半分以上ボクがやったような……?」

男「……はいはい、今すぐ飲み物をご用意しますよ。お嬢様」

幼馴染「うむ、苦しゅうない」


男「おまたせ」

幼馴染「おや?デザートまでセットだなんて、キミにしては気が利くね」

男「持たせられただけだがな」

幼馴染「なるほど、合点がいった。後でお礼を言わなきゃ」



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/12(日) 19:31:20.70 ID:jRE5FsaWo

男「それで、どっちがいい?」

幼馴染「キミは?」

男「俺は甘いものに特に拘りなんてないからな……そっちが選んでくれ」

幼馴染「んー、それじゃこっちにしようかな」

男「随分渋い趣味だな」

幼馴染「おいしいもの、抹茶……あむ」

男「まぁ、そこには同意だな」

幼馴染「キミはそっちで大丈夫?」

男「だから、特に拘りはないから大丈夫だって……んぐ」

幼馴染「……むぅ」



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/12(日) 19:40:03.42 ID:jRE5FsaWo

男「む?」

幼馴染「食べ比べてみれば、拘りがうまれるかもしれない」

男「いや、別に俺は……」

幼馴染「つべこべ言わない」

男(そう言う事じゃなくて……)

幼馴染「ほら、あーん」

男「……」

幼馴染「……じとー」

男「……あーん」



20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/12(日) 19:43:02.74 ID:jRE5FsaWo

幼馴染「どう?比べて」

男「……確かに、俺もこっちの方が好き、だな」

幼馴染「ふむふむ、なるほど」

男「これっていわゆる……)

幼馴染「それじゃ、ボクもそっちを一口……ぱく」

男(間接キス……いや、間接間接キス……?)

幼馴染「……ぺろり」

男「どうだ?」

幼馴染「やっぱり抹茶が捨てがたいなぁ」

男「左様ですか」

幼馴染「もぐもぐ……」

男(気にしてるのは俺だけ、か?)



26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/22(水) 15:34:36.78 ID:1EbSvoJTo

幼馴染「おっと、もうこんな時間だ」

男「ん、ほんとだな」

幼馴染「それじゃ、また明日」

男「おう、ありがとな。助かったよ」

幼馴染「なぁに、別の問題に気を取られて欲しくなかっただけさ」

男「……?」

幼馴染「焦らされるのは好きじゃないから。数日以内にお願いね」

男「お、おう……」

幼馴染「あ、ケーキありがとうございました」

「あら、泊まっていかないの?」

幼馴染「はい、泊まりはまた次の機会にでも」

「残念だわぁ」

男「ほら、さっさと帰れ」

幼馴染「ふふ、じゃあね」


「酷い言いぐさねぇ」

男「……うっさいな」

「顔、赤いわよ」

男「――っ」

「あらもう、青春ねぇ」



27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/22(水) 15:56:44.75 ID:1EbSvoJTo

男「……」

幼馴染「おはよ」

男「……ん、はよ」

幼馴染「凄い顔」

男「……ああ、知ってる」

男(ほとんど眠れなかったからな……)

幼馴染「……迷惑だった?」

男「何が」

幼馴染「ボクの質問」

男「……今更すぎないか」

幼馴染「ゴメン、そこまで悩ませるつもりはなかったんだけれど」

男「謝るこたねぇよ」

男「俺もここまで悩むとは思ってなかった」

幼馴染「……そっか」



28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:10:43.36 ID:1EbSvoJTo

男「ちなみに」

幼馴染「ん?」

男「好きってのは、友達として……とかって意味だったりするのか」

幼馴染「……」

男「……」

幼馴染「のーこめんとで」

男「は?」

幼馴染「おっと、急がないと遅刻しちゃうなぁ」

男「まだそんな時間じゃないだろ……あ、おい。待てっ」



29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/22(水) 16:24:30.66 ID:1EbSvoJTo

幼馴染「とうちゃーく」

男(大分早く着いちまったな)

幼馴染「ふー、いい汗かいた」

男(相も変わらずマイペースなやつ……)

幼馴染「ほい」

男「ぬ」

幼馴染「タオル、使う?」

男(また、そういう事を……)

幼馴染「……ん?」

男(しばらく見ないうちに、随分とたわわに……)



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/29(水) 15:09:22.76 ID:isxb4O8Qo

幼馴染「……じろーり」

男「……はっ」

幼馴染「……」

男「いや、違うぞ。これはだな……」

幼馴染「目が怖いぞ?スケベ」

男「ぐあっ」

幼馴染「……まぁ、キミにならそういう目で見られても、悪い気はしないけれど」

男「……なぁ」

幼馴染「はい、なんでしょう」



34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/29(水) 15:21:38.91 ID:isxb4O8Qo

男「例えの話、なのだが」

幼馴染「うんうん」

男「俺もお前の事が好きだ、と答えたら」

幼馴染「……」

男「お前はなんて答える?」

幼馴染「なんだか、どこかで聞いたような言葉だね」

男「そうか?珍しい事もあるもんだ」

幼馴染「……んー、そうだなぁ」

男「……ごくり」



35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/29(水) 15:28:46.26 ID:isxb4O8Qo

幼馴染「ボクなら、一日待たせるような事はせず……」

男「せず?」

幼馴染「こうやって」

男「んぐっ!?」

幼馴染「ん……ぅ」

男「ぷはっ、あ」

幼馴染「……ぺろり」

男「な、あ……え……?」

幼馴染「ストレートに感情を表現すると思います」

男「……」

幼馴染「……」



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/29(水) 15:35:46.93 ID:isxb4O8Qo

男「これはズルいだろ……」

幼馴染「そうかなぁ?こうでもしないと、ちゃんと伝わってない気がしたから」

男「……たとえ話じゃなかったのか?」

幼馴染「ここまでやられて、まだそんな事を言ってるのかい」

男「いや、お前……」

幼馴染「嫌だった?」

男「……分かってて聞いてるだろ」

幼馴染「いや、内心ドキドキで心臓が飛び出しそうだよ」

男「ウソつけ」

幼馴染「ウソなもんか、確かめてみるかい?」



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/29(水) 16:27:47.57 ID:isxb4O8Qo

男「だから、そういう所が余裕そうに見えるんだっつの」

幼馴染「狼狽えるのはボクのキャラじゃないだろ?」

男「見てみたいけどな、俺は」

幼馴染「ボクは見せたくないの」

男「……なら」

幼馴染「ん」

男「……」

幼馴染「……んーっ」

男「――――」

幼馴染「ん、んーっ、んーっ!」



38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/29(水) 16:29:43.20 ID:isxb4O8Qo

男「いて、いてててっ」

幼馴染「ぷはーっ……あ」

男「叩くこたないだろ」

幼馴染「真似るのが好きだね、キミも」

男「真似たわけじゃない。俺がしたかったんだ」

幼馴染「……ボクはそんなに長くやらなかったぞ」

男「そんなん、俺の勝手だろ」

幼馴染「……うー」

男「なるほど、確かに余裕たっぷりってわけでもなさそうだ」



39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/29(水) 16:31:49.26 ID:isxb4O8Qo

幼馴染「……」

男「おい、こら。にじりよってくるな」

幼馴染「やられっぱなしも、性に合わないからね」

男「いや、誰かに見られたら……」

幼馴染「ボクは構いやしないさ」

男「負けず嫌いが……」

幼馴染「キミだって随分、余裕が出てきたじゃないか」

男「真似るのが好きなもんで」

幼馴染「ほら、キミも負けず嫌い」

男「……」

幼馴染「……」


40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/29(水) 16:31:49.26 ID:isxb4O8Qo

男「ちなみに」

幼馴染「うん」

男「たとえ話ではなく、好きと言ったら」

幼馴染「ボクも大好き、って答えますよ」

男「食い気味だな、おい」

幼馴染「読めてたもの」

男「こいつ……」

幼馴染「スキありっ」

男「むっ」


幼馴染「……ちぅ」


男「……頬」

幼馴染「続きはまた今度、ゆっくりとね」

男「……真っ赤になると、更に可愛いな」

幼馴染「う、うるさい」

男「その顔を見るのが好きだって言ったら……どうする?」

幼馴染「……ばか」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花見月

Author:花見月
主に2ch系掲示板で自分が書いたSSを纏めてます
思い出したものからかたっぱしに記事にするので順不同で

twitterでも更新報告したりしてます
@hanami2ki

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
スポンサーズリンク
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。