スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ボクがボクって言う理由?」

「どうして、いきなりそんな事を?]

「いや、何となく……」

「……ふぅん」

「いつもお前が使っている言葉を借りるなら」

「借りるなら?」

「知的好奇心を満たすため……ってやつかな」

「ふむ、なるほどなるほど」

「……」

「そんな好奇心旺盛なキミに、こんな言葉を返すのは大変心苦しいのだけれど」

「ん」

「残念ながら、ボクも覚えていないんだ」

「……そうか」

「この言葉遣い、変?」

「なんだ、藪から棒に」

「なぁに、単なる知的好奇心さ」

「別段変に思ったことは無いが」

「そう?」

「あぁ、そんなつもりで聞いたわけじゃないしな」

「……そっか」

「なら安心して、使い続けさせてもらおうかな」

「……なんてことがあってね」

「へぇー」

「これはあれかな。彼がボクの事を気になってるって事でいいのかな」

「そーじゃないのー」

「……なんだか腑に落ちない返事だな」

「いや、ノロケ話聞かされたら大抵の奴はこうなるって」

「ノロケ話……なのかな?」

「私はそう感じたけど」

「ふむ……よく分からないや」

「ま、もう慣れたけどね」

「慣れるほどこんな話してたかな、ボク」

「なるほど、無自覚か」

「次からは気を付けることにするよ」

「嫌だったらもっと早く言ってるって」

「……なるほど、それもそうか」

「そんな事より」

「ん?」

「私もさっきの話、気になるなぁ」

「ん、と……?」

「あんたがボクって言う理由」

「あぁ、それか」

「……じー」

「さっきの話で答えは出てたと思うんだけど」

「いや、あれで納得するわけないでしょ」

「そうかなぁ?」

「なら、今日からボクって言うのやめてみたら?」

「なんでそうなるのさ」

「別にこだわる理由もないんでしょ?」

「そうだけど……急にやめたら、それはそれで変じゃないかな」

「……それはある、かも」

「だろう?」

「あー、なんかまた良いように言いくるめられてる気がする」

「なんか人聞き悪いなぁ」

「……うりうり」

「……困ったら胸を揉みだすのは、あまりよくないとボクは思うよ」

「また大きくなった?」

「……それも企業秘密」

「もう私より大きいんじゃないかな……んしょ、んしょ」

「知らないよ、そんな事……うりゃっ」

「いでっ」

「……だってよ」

「何がだ」

「また大きくなったとかなんとか」

「俺が知るか、ンな事」

「小さい頃からずっと一緒なんだろ?」

「……そう、だけど」

「なら、スリーサイズの一つや二つ」

「その理屈はおかしい」

「気にならないのか?」

「気にならない……わけじゃないが」

「だろ?」

「だからと言って、調べる方法もないだろうが」

「簡単だろ」

「どうやって?」

「なんな感じで」


「次やったら、手刀だけじゃ済まないよ」

「……くわばらくわばら」


「直接がばっと」

「アホか。チョップだけじゃ済まないのは勘弁だぞ」

「相手の事がもっと知りたいって言ってただろ、お前」

「そういう直接的な話じゃなくてだな……」

「あっそ」

「露骨に興味を失うな」

「お前なら大丈夫だと思うんだがな」

「んなわきゃあるか」

「やってみなきゃ分からんだろーが」

「……」

「痛い、痛い、無言でつねるのはヤメロッ」

「……」

「やめて、お願いしますっ」

「……」

「……ねぇ」

「ん、どうした」

「ボクの顔、何か付いてる?」

「いや、特には」

「そう?じーっと見てるから何か付いてるのかと」

「……そんなに見てたか、俺」

「釘付け、って言葉が実にしっくりくるくらいには」

「……ふむ」

(あいつが変な事言ったせいで、変に意識してしまってるのか)

「んー……」

「うぉっ、急になんだ」

「熱でもあるのかと思って」

「……手、冷たいんだな。お前」

「ボクにとってはこれが平熱だよ」

「……」

「それを差し引いても、熱い気がする」

(顔が、近い)

「……ダメだ、熱が移ってよくわかんなくなっちゃった」

「大丈夫だ、熱は無い」

「ほんとに?」

「ほんとだ」

「キミは昔から、変にやせ我慢するところがあるからね」

「そうだったか?」

「あくまでもボクの体感で、だけど」

「……当てにならんな」

「むー、失礼な」

「昔の記憶は曖昧になるもんだろ」

「まぁ、ね。そんなもんかな」

「今何か、含みのある感じじゃなかったか?」

「そう?普段通りだったと思うけど」

「それもそうか」

「……含ませなさすぎるのもどうかと、ボクは思うね」

「おっと、悪い」

「あぁ、実に気分を害したなぁ」

「むむ」

「甘い者でも食べない事には、治まらない気がするよ」

「……」

「……」

「駅前の方でも、通って帰るか」

「うん、そうしよう」

「……もぐ、もぐ」

「……はむはむ」

「うまいか?」

「んー……苺クリームを最初に考えた人は、天才だと思うね」

「そりゃよかった」

「そっちはどう?」

「……ただただ甘い」

「それじゃ、こっちも食べてみて

「……ん」

「ボクはそっちも食べてみよっと」

「むぐ……ん」

「はむはむはむ……」

「うん、おいしい」

「……ひたすら甘い」

「何食べても同じじゃないか」

「かもしれんな」

(正直、味がよく分からん……)

「こんなに美味しいのになぁ」

(こいつは、今の行動に何も思ってないのか?)

「……っと」

「ぬおっ」

「ぎゅぅーっ」

(や、柔らか……じゃ、なくて)

「お、おい。いきなりなんだ」

「なんだとはなんだ。赤信号からキミを守った恩人に、酷い言いぐさじゃないか」

「……あ」

(全く、気付かなかった

「……ほんとに大丈夫?」

「大丈夫だっての」

「あぁ、心配だなぁ」

「お前の家、向こうだろ」

「心配だって言ってるのが聞こえない?」

「大丈夫だって言ってるのも聞こえないか?」

「……むー

「……むむ」
2
「全く、こうなったらボクが折れるしかないじゃないか」

「悪いな、そうしてくれ」

「感謝して欲しいね」

「あぁ、分かった分かった」

「……それじゃ、また明日」

「おう、また明日」

「……はぁ」

(俺ばっかり意識して、バカみたいじゃねぇか」

「……帰ろ」


「……ふぅ」

(顔に出てなかった、よね)

「……ぺた、ぺた」

「うわ、まだ顔熱いや」

「なんだか、最近やたらとあいつにからかわれている気がする」

「ほう?その心は」

「こう、なんて言うか……スキンシップがやたら多いというか」

「え、なに?殴って欲しいって?」

「待て、なんでそうなる」

「いや……自慢してるとしか思えんのだが」

「からかわれていると言ったはずだが?」

「変わらんわ!」

「おっと、あぶねっ」

「揉んだのかっ!揉みしだいたのかっ!?」

「なんでそうなる……」

「スキンシップが増えたと聞きましたが」

「そのスキンシップの基準はどこから……」

「とか言いながら、本当はちょっとぐらい触った事あるんだろ?」

「……」

「……」

「……いや、ない」

「今の間はおかしいだろ」

「自分からは、ない」

「あるってことじゃねぇか、ごらぁ」

「ぐはっ」

「……」

「……」

「今の話、私気になります」

「どの話の事?」

「スキンシップがどうとかこうとか」

「……否定はしないけど」

「わお、大胆」

「自分がからかわれるのは勘弁願いたいな」

「覚悟の上でしょ?」

「まぁ、多少はね」

「なになに、当ててんのよ的な?」

「そんな所、かな。彼がどう思ってるかは分からないけれど」

「流石に全く効果なしってことは無いでしょ」

「どうかな、彼ニブチンだから」

「えー、だってさ」

「……ひんっ」

「これを押し付けたわけでしょ?」

「……次やったら、ただでは済まないと……」

「ひえっ」

「言ったはずだぞっ!」

「わ、わ、あっ」

「こちょこちょこちょ……」

「あひっ、あっ、ちょっ、らめっ……」

「うりゃうりゃっ」

「あんっ」

「……」

「……」

「なんだよ、その目」

「いや、別に……」

「ケンカ売ってんのかコラ」

「もしかしたら、キミのも大きくなるかもしれない」

「ひゃっ……く、くすぐったいって」

「たまには自分がされてみるのも悪くないもんだろ?」

「も、もうしないからなっ」

「……」

「……ぅ」

「もみもみ」

「ひゃめろってばぁっ」


「あれがスキンシップの一例です」

「バカを言え、バカを」

「バカって二回も……」

「こら、何をやってる。早く席に着かんか」


「あんたのせいで怒られたじゃんか」

「不可抗力ってやつだね」


(……あいつの感覚だと、あのぐらいのスキンシップが普通なんだろうか?)

「げっ、降り出してきた」

「予報だとくもり止まりだったんだがな」

「……」

「流石にそれをやったら、友達付き合い考え直させてもらうぞ」

「ま、まだ何も言ってないだろ」

「お前の家くらいまので距離なら、走れば済む話だろ」

「……ぐむむ」

「何やってんの、あんたら」

「見れば分かるだろ、立ち往生中だ」

「あ、そうだ。あんた、あの子が呼んでたわよ」

「ん?」

「いつもの場所、で伝わるって言ってたけど」

「あぁ、なるほど。ありがとう」

「どういたしまして」


「無視……完全に……」

「なに、あんた傘持ってきたないの?」

「見て分からんか」

「……入ってく?」

「へ?」

「……二度は言わない」

「あっ、入ります。入らさせていただきますっ」

「~♪」

「……よう」

「お、いらっしゃい」

「隣、いいか?」

「ダメ、って言ったら?」

「さて、どうしたもんかな」

「ふふ、冗談冗談」

「よっと」

「もう少し詰めなきゃ、キミの肩が濡れちゃうよ」

「ん、そうだな」

「こんなとこ、誰かに見られたらどうなるかな」

「今さらすぎんか?」

「……くす」

「まぁ、こんな日のこんな時間に、こんな所へ来る人なんていないだろうけど」

「お前と俺ぐらいなもんか」

「そゆこと」

(なんで雨の日に屋上に出るんだ?と)

「~♪」

(聞いても答えは帰って来なさそうだな)

「また何か、聞きたいことでもあるのかい?」

「お?」

「顔、分かりやすいんだもん。キミ」

「……出てたか」

「うん。質問内容まで丸々」

「なん……だと……」

「ただし、その答えはボク自身にも分かりません」

「……ずこっ」

「ただ、なんとくなく好きなんだ。ここで雨を眺めるの」

「なんとなく、か」

「キミは雨、好き?」

「……」

「……じー」

「……好き、だぞ」

「そっか、ならよかった」

「……」

「……」

(い、いかん。また顔が熱くなってきた)

「……む」

「ん、どうかした?」

「どうしたもこうしたも……顔が真っ赤だぞ」

「えっ」

「気付いてなかったのか」

「……全く、全然」

「お前の方こそ、風邪でも引いたか?」

「……」

「な、なんだその目は」

「……いや、ね」

「ここで『いや、別に』って言ってしまったら」

「きっとボク達はずっとこのままなんだろうなって」

「……どういう事だ?」

「どうやったらそこまで鈍感になれるのかなって、疑問に思ってたの」

「??」

「ボクの耳が赤い理由は実に単純でね」

「キミの『好き』って単語に、無意識に反応してしまった結果なのさ」

「へ……?」

「そう、分かってる。あれがただの質問への答えだって事くらい」

「お、おい」

「でも、仕方ないじゃないか。一度も好き、なんて言われた事ないんだから」

「あんな不意打ちみたいに言われたら、誰でも……」

「……」

「……ふぅ」

「言いたい放題言ってくれたな」

「うん、実にすっきりした」

「なら、次は俺の番だ」

「うん、何かな」

「お前のスキンシップは、思春期男子にしてみればいささか刺激的すぎる」

「そういうの、あまり気にしないと思ってた」

「んなわけあるか」

「もっと顔に出して、恥ずかしがってくれれば分かりやすいのに」

「なおの事、そんな事出来るか」

「……」

「……」

「……ふふ」

「……ぷっ、あはは」

「お互い様だったみたいだね」

「みたいだな」

「にしたって、鈍感すぎるよね。キミ」

「あんだけしてれば、普通気付くもんでしょ」

「それもお互い様だろ」

「こんな場所まで付き合うやつ、普通おらんぞ」

「そんなものかな?」

「そんなもんだろ……多分」

「にしても」

「ん」

「ボクは結構、勇気を振り絞ったほうなのだけれど……キミは随分余裕があるみたいだね」

「そう見えてるか」

「うん」

「その言葉、そっくりそのままお前に返すぞ」

「……お手を拝借」

「ん?」

「……もにゅ」

「おおっ」

(や、柔らかい……それ以外何も思い浮かばんっ)

「ドキドキ、してるでしょ?」

「……お、おう」

「ちゃんと、聞いてる?」

「……お、おう」

「ひぁ……っ」

(こんなに柔らかいものなのか……!)

「とあっ!」

「あでっ」

「な、何をしてるんだ。バカッ」

「俺も思春期男子だと言ったはずだが」

「だからって、いきなり……」

「どっちがいきなりだって話だ」

「ボクはただ、胸の鼓動をだな……」

「……っ」

「……俺だって負けてない自信はあるぞ」

「……ボクの方が、熱いよ」

「まだ言うか、このっ」

「そ、そんなに強く抱き締められたら、痛いよ」

「こうでもしないと、認めないだろお前は」

「こんな程度じゃ、認めないよ」

「ぐぬぬ」

「……このぐらいは」

「む、むぐっ」

「……んっ……ちゅ」

「……ぷぁ」

「しないと、ダメだね」

「……お、おま……」

「……ぺろり」

「あ……と、その」

「あ」

「あ?」

「雨、止んだね」

「……あぁ、止んだな」

「折角、相合傘で帰ろうと思ってたのに」

「別に、雨降ってなくても出来るだろそれは」

「……絵に描いたようなバカップルじゃないか」

「嫌か?」

「その質問、いぢわるだよ」

「何とでも言え」

「なぁ、そう言えば」

「ん、何かな」

「この前の質問、あれ本当に覚えてないのか?」

「やけに食い下がるね」

「小さい時の事、あまり覚えてないからな。知っておきたいんだ」

「……んー」


『キミ、一人なの?』

『……なんだよ』

『隣、いいかな』

『……女子何かと一緒にいられるか』

『……』『……』

『ボク、男の子だよ』

『嘘つけ』

『ホントだよ』

『勝手に隣座るな』

『よしよし』

『撫でるな』

『……ふふ』

『……笑うな』

「……くすくす」

「何笑ってんだ?」

「くすくす、秘密」

「秘密……ってことは、覚えてるんだな」

「おや、キミも学んだね」

「どっちなんだ、結局」

「さて、どっちだろうねぇ」

「ひた隠しにされると、なおのこと気になる」

「ふふ、そのうち教えてあげるよ。そのうちね」

「これ絶対教えてもらえないやつだ」

「てな事がありまして」

「……へぇ」

「とりあえず、一段落だよ」

「誰もが予想してた通りの結果だったわね」

「そうかなぁ。心臓バクバクだったんだけど」

「なんかあまり想像できないな、あんたのそんな姿」

「彼もそんな事言ってたな」

「ほらね」

「人の事なんだと思ってるのさ、全く」

「しかし、あんたが相合傘ねぇ」

「それもイメージと違う?」

「んー……どうだろ。そこはなんか、そこまで」

「ボクとしては、キミの相合傘の方が意外だったけれど」

「……ちょっと待て、なぜそれを」

「このクラスの人間なら、大方の人が知ってるんじゃないかな?」

「……あいつかっ」


「おい、こっちに来てるぞ」

「いやぁ、モテ男はつら……いぶっ!?」

「あんた、何を言いふらしてんのよ!何を!」

「ぼ、ぼうりょくはんたい……」

「問答無用っ!」

「……確かにモテ男は辛そうだな」

「笑ってないで助けてくれ!」

「こら、逃げるな!」

「ふふ、ああ見えて本当はまんざらでもないんだよ」

「そうなのか?」

「余計な事言うんじゃないっ!」

「おっと、これは火に油だったかな」

「こっちに矛先向いちまったか」

「あはは、逃げるよ」

「おい、いきなり手を引くなっ」

「こら、待てーっ!」


「……また放置プレイ?」

「いや、俺も行くぞ!待てーいっ!」

「あぁ、もう何が何やら」

「くすくす、こういうのも悪くないんじゃない?」

「まぁ、たまにはな」

「こらー、止まれーっ」

「まてまてーっ」

「このままじゃ、追いつかれるのも時間の問題か」

「……よっと」

「うわっ……っとと」

「暴れるなよ」

「その代わり、絶対落とさないでね」

「任せろ」

「よし、こっちも……」

「わ、わっ。やめろ、バカッ」

「よし、今のうちに……」

「……」

「……ん?」

「……ちうっ」

「っ!?」

「こういうのも、たまにはね」

「本当にたまにはか?」

「……」

「おい、答えろ」

「……ふふっ」

「だから、笑って誤魔化すのはやめろ」

「くすくす」

「だから、やめっ……」


「よし、こっちも」

「やったらぶっ飛ばす」

「……はい」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花見月

Author:花見月
主に2ch系掲示板で自分が書いたSSを纏めてます
思い出したものからかたっぱしに記事にするので順不同で

twitterでも更新報告したりしてます
@hanami2ki

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
スポンサーズリンク
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。